それ、秋バテかも?お彼岸に行う秋バテ対策とは?


夏の疲れが続くなら『秋バテ』かもしれません。



今のうちにしっかり養生しておかないと、つらい冬になってしまうかも・・・!?

お彼岸が秋バテ克服にピッタリのタイミングです。

疲れが取れない・・・それ、秋バテかも?

夏の疲れがまだ続いている方はいませんか?


そろそろお彼岸ですが、お彼岸まで尾をひく夏の疲れは「秋バテ」かもしれません。


お彼岸は9月23日の前後3日間で、9月20日~26日の1週間となります。


秋分は字の通り「秋を分ける」と書きますが、暦の上では秋の真ん中になります。


つまり、秋の半ばまできていても、秋の体にシフトできていない状況が秋バテなのです。


このお彼岸の間に秋の体をしっかり作っておかないと、冬に下痢になるなど腸が芳しくない状態になってしまいます。


では、お彼岸前後の養生はどのようにしたらよいのでしょう?


おすすめなのは根菜類。


根菜類は体を温めますし、冬に向かって、体を慣れさせていく準備をする食材でもあります。


根菜類の中でも特に丸い物は脾胃にやさしいとされていますので、食べすぎのこの時期にはピッタリです。


脾胃が健全であれば、一年中健康だと言われています。


脾胃を中心として体の気がぐるぐると巡っているのですが、中心であり脾胃が弱ると体の気が回らなくなり、調子が悪くなったり病気になったりするのです。


あずきあずき

体を冷やすのはやっぱり良くないんだね!


スポンサーリンク

他にもある!秋バテを養生する食べ物


では、具体的にどんなものがよいのでしょうか?


一つはハロウィンにかかせないカボチャや里芋などがおすすめです。


カボチャだとカボチャスープやカボチャの煮物がおすすめです。


特に小豆と一緒に煮るカボチャの煮物は魔除けと金運アップの効果がありますので、ぜひ味わいたい一品です。


また里芋は芋類の中でもローカロリーですし、ぬめりの成分が太りにくい体質をつくると言われています。


食物繊維も豊富で、体から不要な毒素を出す作用や免疫力アップの作用も


つぶした里芋につぶしたごはんを3:1の割合で混ぜます。


こねて丸くすればお団子に。


醤油と砂糖を混ぜてみたらしのタレをのせて食べると絶品!


お月見団子の代わりにもなりますよ!


お月見は金運アップに絶好のイベントですし、おすすめの品です。


秋バテをしっかり養生して、次の冬に備えましょう。


あずきあずき

ぼくもお団子大好き!

今日のことだま

お彼岸のあいだにしっかり養生して

秋バテ対策しよう!

次の冬が楽に過ごせます。



この記事がお役に立ちましたら応援ポチをお願いします↓